gallopの初めての
長期ドキュメンタリー・プロジェクト
スタート!

2022年10月(京都・東京)
第一弾パフォーマンス上演!

党員:政党に属する人。入党申請し、認められれば党員資格が発生する。

近くて遠い政治の扉を、gallop がえいやと開きます。

まずは扉の様子を眺めたり、その先にある部屋の間取りやルールについて知ることから始めます。

長期ドキュメンタリー・プロジェクト、パフォーマンス作品第一弾!

【WEB予約フォーム】


「最近どう?」

この問いかけから、 gallop の作品作りは始まります。

そうやって、今感じていることや、抱えている問題を、何でもかんでも話して、何か作品の断片になるようなアイデアを拾い上げていく作業をずっと繰り返してきました。そうしているうちに、その中には自分たちだけではどうにもならないことがたくさんあって、それを「世の中」とか「社会」とか「日本」と呼ぶことは知っていたけど、そのぼやけていた輪郭が少し見えてきたように思います。

そろそろ gallop も本腰を入れてそういうものと向き合っていかないといけないんじゃないか、みたいな雰囲気のことを誰かが言い出し、じゃあどうやって向き合えばいいんだろうと、考えていました。

そこで私たちは党員になってみることにしました。

あまりにも突飛で極端なアイデアだと思われるかもしれませんが、(自分たちで決めておきながら)私たち自身も実は戸惑っていたりします。政治についてよくわかっていないし、政治のことを大きな声で話すのはなぜだか怖い。

でも、一度おおきく一歩を踏み込もうと決めてみることで、今から踏み込む先のことについて改めてしっかりと考えることになるかもしれない。何かが変わるきっかけになるかもしれないし、変えたくないかもしれないし。

怖い気持ちもあったり、興味もあったり、みんな色々だけど、みんなで始めてみます。

まずはどんな党があるのか、自分が入りたい党はどこなのか、そもそも政治って何なのか、ということを、考えていきます。これからちょっと長い時間をかけて、少しずつ自分たちの生活の一部に、これまでずっと遠くにあるような気がしていたものを取り込んでいこうと思います。

私たちがつまづきながら手探りで進んでいく様子を、みなさんと共有できたら嬉しいなと思っています。

gallop


「党員のすゝめ」とは?

出演者ひとりひとりが、どこかの政党に入党して党員生活を送り、その中や外で感じたり考えたことを、ダンスや演劇、あらゆる表現手段で共有しながら、政治と芸術、そして自分自身の生活、それぞれに思いを巡らす長期ドキュメンタリープロジェクト「党員のすゝめ」を、gallopがスタートします。

Chapter 1『ラケットボール』では、これまで政治に対する思いや距離感がバラバラだった出演者たちが、まずは「どこかの政党に入党する」ための準備段階として、政治について、党について、党員について、それぞれにリサーチを行いながら他の出演者たちと共有し、それぞれの思いや考えを行き交わしながら、自分と政治との距離を縮めつつ、「党員」になることへの一歩を踏み出し始めます。


*本作は、パフォーマンス中に実際の日本の政党について、説明や議論、批評や、時には風刺的な表現を用いて取り上げることがありますが、それらは特定の政党を賛美したり、貶めたりする意図はなく、作品全体として政治的中立性を保ちつつ、観客に<政治 × 芸術 × 生活>の関係を深く考える機会の提供を目指しています。


gallop 長期ドキュメンタリー・プロジェクト「党員のすゝめ」 Chapter 1 『ラケットボール』
【京都】

2022年10月 [全8回公演]

<前半>
15日(土)19:00
16日(日)15:00 / 19:00

<後半>
21日(金)15:00 / 19:00
22日(土)15:00 / 19:00
23日(日)15:00

galleryMain LINK (麩屋町通五条)

〒600-8059 京都市下京区麩屋町通五条上ル下鱗形町543-2F

・地下鉄 烏丸線「五条」駅 出口 3
・阪急 「河原町」駅 出口 2B

【東京】

2022年10月[全8回公演]

26日(水)20:00
27日(木)15:00 / 20:00
28日(金)15:00 / 20:00
29日(土)15:00 / 19:00
30日(日)15:00

新宿スターフィールド LINK (タイニイアリス跡地)

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1F

・東京メトロ 丸ノ内線「新宿三丁目」駅 出口 B2
・東京メトロ 丸ノ内線「御苑」駅 出口 A1
・都営新宿線「新宿三丁目」駅 出口 C4 / C5 / C8
・JR「新宿」駅 出口 東南口 / ミライナタワー口


*受付・開場は開演の30分前より開始。

*当日、体調のすぐれない方はご来場をお控えください。

*会場ではマスクのご着用、手指の消毒にご協力ください。

*京都公演の前半と後半で一部内容が異なる場合があります。


【前売】

一般:2800円

学生&U25:2000円

(当日500円増)

【プレミアム】

一般:4800円

学生&U25:3000円

「プレミアム・チケット」とは?

本作をより理解するための様々な特典付きチケットです。
作品制作のプロセスや出演者たちの素顔、様々なコミュニケーション、それらはドキュメンタリープロジェクトだからこそ、全て作品の一部です。ぜひこの機会に、本作に参加してみませんか?
特典の享受方法はプレミアム・チケット購入者に適時お知らせ致します。特典内容は作品制作の進行に合わせて順次変化していきます。以下は現在予定している特典内容です。

稽古場見学 (オン/オフライン)、レクチャー (オンライン)、意見交換会 (オン/オフライン)、チャット・ルーム (オンライン)、公演終了後の交流会 (オンライン)、各種アーカイブ視聴(オンライン)など

*お支払いは原則お振込でお願いいたします。

【WEB予約フォーム】

京都公演  東京公演


gallop

長期ドキュメンタリー・プロジェクト

「党員のすゝめ」

– An Encouragement of Being a Party Member –

Chapter 1
ラケットボール

Racquetball

演出:gallop(伊藤彩里 / 木村悠介 / 三鬼春奈)

出演:伊藤彩里 木村悠介 三鬼春奈 長洲仁美

舞台監督:脇田友(スピカ)
舞台監督助手:玉井秀和(劇団FAX) 中村彩世
照明:真田貴吉
音響:森永恭代

音響操作(東京):山崎恭子
衣装:吉藤濯(izon)
宣伝美術:児玉悟之
制作:阪田愛子 瀧本麻璃英  

文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

主催:gallop